車買取に出す前に

車買取に出す前に!相場は抑えておこう

車買取の相場表って何?

車買取のための査定の際に、重要な役割を担うのが相場表です。ここには各クルマの買取相場が記載されており、これを基準あるいは参考にしながら、買取価格が決定していきます。では、この相場表は何をもとに作られているのでしょうか。

 

実は、車買取業者の裏事情がここに隠されているのです。

 

ディーラーや車買取店、中古車販売店などが中古車を買い取った場合、その中古車を売ることで利益を得ています。その売り方に関して主に二通りの方法があります。一つは自社の中古車販売店で売るという方法です。

 

この場合は、中間マージンが発生しないので、比較的高く買い取ってもらえる可能性があります。

 

二つ目は、買取業者専用のオークションに出品して売るという方法です。この二つ目の方法のほうが圧倒的に多いのですが、オークションというのは不特定多数の業者が入札し、競い合いながら最高額を付けた業者が落札することができます。

 

そこでオークションの出品する際に重要になってくることは、この落札価格よりも安い値段で買い取らなければ儲けがでないということです。

 

実は相場表というのは、この落札価格をもとに作られています。膨大なデータをもとに、車種ごとに車買取相場が作成されていきます。この表に従って買取を行えば、オークションに出品した際に、確実に利益をあげることができることになります。

 

ただ、利益幅をどの程度に考えるかによって、買取価格にも差が出てきます。そのため1社でも多くの車買取店から査定してもらうことが重要になってくるのです。

事故車でも売れるのか

事故車となってしまった車は売却できないのではと思う人もいることでしょうが、車種や状態によっては可能となります。

 

確実に言えることは事故車よりも事故を起こしていない車のほうが価値が高いことは間違いありませんが、だからといって事故車の価値がゼロになってしまうということはないためです。

 

人気の高い車種で破損の程度が軽い場合には、修理をすることで高値で売ることができるようになりますからそのような車の場合には事故を起こしていてもある程度の金額が期待できますし、部品取りとしての価値もあります。

 

フロント部分が完全に潰れてしまったとしても、車体後部が無傷であれば後部の部品は使い回すことができますし、逆に後部が潰れていてもフロント部分が無傷であればエンジンなどを使い回すことができるので価値は十分に残っています。

 

車というのは金属の塊ですから、それを溶かして再利用をするということもできるので事故車だからといって無価値になるわけではなく売却は可能です。

 

しかし、人気のない車種で破損状況もひどく使いまわせる部品も少ないばかりか、金属部分も再利用をするための費用のほうが割高になってしまうというケースになればこれは当然値段がつかないばかりか、逆に処分費用を取られてしまう可能性が出てきます。

 

このように事故車であっても車に商品としての価値が残っているのであれば、売却をすることはできるので売れないものだと諦めずに買取をしてくれる場所を探してみるのが良いでしょう。

車買取一括査定について

どれだけ大切に乗り続けてきた愛車であっても、いつの日かお別れの時が訪れます。そのタイミングは故障や事故かもしれませんし、家族が増えたり減ったりすることで車種の変更を余儀なくされたり、走行距離や走行性、機能性の観点から買い換えたほうがメリットが高いと思案する場合もあるでしょう。

 

このような場合、必要なくなる車に関しては廃車や下取りにするよりも車買取サービスに売却する可能性を探ったほうが得策です。自分ではもはや価値がないと思っていても、車買取業者から見ると思いがけない価値が眠っており、買取額を新たな車を購入する頭金にすることも可能です。ただし世の中には数多くの車買取業者が存在するので、どこに依頼すれば高値で売れるのか判然としません。そんな時には一括査定サービスを活用して自分にぴったりの条件のものを探すと便利です。

 

例えばネット上の一括査定サイトを使うと、売却したい車の車種やメーカー、購入年、故障や傷の有無、居住エリアなどの簡単な情報を記載して検索をかけると条件の合致する業者が一括表示されますので、その中から自分の条件に合うもの、興味のあるもの、高く売れそうなところなどをいくつか見繕って一括査定をかけます。すると各々の業者から大まかな査定額がリプライされ、それを目安に業者選定を行うことができます。

 

この一括査定サイトの画面上ではこうやって出張査定や持ち込み査定の予約を入れるところまで行えます。様々な業者が集まっていますので2、3社に絞った上で実際の出張査定を受け、その金額を比較して交渉した上で最終的な妥結点を探ると良いでしょう。

車査定の前にチェックしておく事

車査定の前にチェックしておかなければならないことのひとつとして、売りに出す車の相場を知っておくことです。

 

いくらぐらいで車が売れるのか知るための車査定ではないかと思うかもしれませんが、実際の査定では本当に最低限の金額しか提示をしてもらうことができないケースが多いので、相場を知らなければ相手の言い値で車を売ってしまいかねません。

 

車というのは同じ車種であってもグレードも異なれば、年式走行距離の違いもありますし内外装の状態といったものもあるためはっきりとこの金額というものはわかり来ものです。

 

それでもある程度の取引価格を知らなければ、相場よりも安い金額で売ってしまって後になって失敗をしたということになりかねないので相場の確認は絶対に欠かすことができません。

 

次に付属品などが揃っているかも車査定の前にしておく必要のあることであり、後になってから付属品が出てきたとなっても売ってしまった後では遅いのでこれも事前に確認をしておきたいポイントとなります。

 

付属品ひとつでそこまで大きく査定額が変わるわけではありませんが、査定というのはひとつひとつの要素が積み重なって最終的な金額が出るものとなっているため、全てのものが揃っていれば査定額も跳ね上がるという可能性もあるだけに見逃せないポイントとなります。

 

車査定を受けるのであれば、事前にしっかりと準備をして万全の状態で査定をしてもらうことが高額査定を引き出すためには重要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ